インフレに向かう世界 「朝倉慶 著」のまとめ 最終

歴史的なインフレの中で、何を投資対象として選ぶべきか。

債権から株へという歴史的なグレートローテンションが始まった。
為替に関しても、トレンドは、円高から円安に変わってきた。

株を買う場合、業績だけに目を奪われてはいけない。
キーワードは、インフレ
投資対象の企業が、インフレに対応できる事業に投資している会社に投資する必要があります。

米国の量的緩和の縮小が世界的な市場の混乱を引き起こした。

現在の世界は、経済の実体よりもマネーの動きが先行して世界を動かしている。

投資で大事なのは大局観を間違えないこと。
投資には、トレンド と 細かなニュースによる相場変動がある。
トレンドが、上りか下りを見極めることが、重要。
細かなニュースによる相場変動は、分けて考える

日本の経済構造は、東日本大震災を転機に、原発が止まり、貿易赤字が増え続ける経済構造に変換した。
貿易赤字が増え続ければ、日本の富が海外へ流出しているということ。
そのため、円安は、止まらない。
むしろ、確実に、進んでいく。

逆に、アメリカは、シェールガス革命により、貿易赤字国から、黒字国に転換することが確実になった。
ドルは、今後、どんどん強くなっていくことが、確実。

これからの10年間の上昇トレンドキーワードは、
アメリカ
不動産
株式
ドル

危険なキーワードは、
国債
新興国
預金


SNSでもご購読できます。