当座預金残高89.0兆円と過去最高更新へ-日銀がきょうの予想を発表

当座預金残高89.0兆円と過去最高更新へ-日銀がきょうの予想を発表

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MS5RHP6JIJVE01.html

日銀の国債の買い入が、進んで、市場に過去最高の資金が投入されています。

どういうことが、起きるかというと、

通貨>実体経済 の構図を加速させていくから

インフレが進みます。

インフレとは、貨幣価値の下落となるから、円安も進んでいきます。

また、国債は、国が発行している利付の債権になって、

これを日銀が引き受けているということは、

そして、過去最高の当座預金残高を記録しているということは、

国の借金が、過去最高の速度で増えているということになります。

記事を読むと、本日付けで、89兆円 23日付で86兆5100億円

差額 24900億円

一日、8300億円 のペースで、借金が増えている計算になるのでしょう。

途方もない金額です。

過去20年間のデフレによる物価の下落を1,2年ですべて、取り戻そうとしているかのようです。

昨年4月からで、3割程度円安になっているけど、商品価格は、3割も上昇していません。

これは、企業が価格転嫁をせずに、円安分を吸収したり、内容量を減らしたりして

対応しているからです。

ただ、これにも限界があります。

臨界点を超えれば、最終的には、商品価格に転嫁されてきます。

恐らく、インフレは、なだらかには、起こらずに

臨界点を超えた段階で、爆発的に起こる気がします。

ある朝、目を覚ますと、商品やサービスの価格が、一斉に3割、5割上がっている。

「貨幣価値が下落する」ということは、「預金残高の実質的な減少」ということです。

世界では、金余りの状態が続いています。

そして、これから20年、30年は、この状態が続くことが予想されています。

 

インフレに対する防衛策は、

現金では無く、不動産や金などの実質的に価値のあるもので保有する。

 

更に、カントリーリスクをヘッジするために、海外へ資産を分散をする。

これからの日本人が生きていくために、一人ひとりが、考えていかなければならない

重要な課題となるでしょう。

 


SNSでもご購読できます。