話していて、嫌いな人

つい先日、2年近く、毎月、定期的に集まっている人たちと大塚の居酒屋に集まっていた。

最近、マンネリだな。
と思いつつも、付き合いもあるからと続けていたけど、
やっぱり、つまらい。

何が、つまらないかというと、話しの内容が2年前と変わらない。
話をしていて、過去に話し合った課題というか、問題について、解決されていない。
そして、課題があるのも関わらず、悩んだ形跡がみられない。

だから、2年以上も、話をしているから、
少し話をするだけで、相手の中身というか全体像が透けて見えてしまって、
僕の中で、相手に対して興味をなくしてしまって、
それ以上、話をする気がなくなってしいる。

ゴルフの話題、女の話題、ゲームの話題、子供の話題、家族の話題、スポーツの話題と
テーマについては、何でもいいのだけど、
どれも本気で取り組んでいないのが、すぐに分かる。

話を聞いていると、本に書いてあることや、他人の言葉を繰り返しているだけで
中身が無くてペラペラでつまらない。

結局、悩んだ形跡がないということは、自分の経験に基づいて語っていないと思う。

なぜ、そんな事をするかと考えてみると
「カッコ付けたい。自分がすごいと思われたいのかな?」

それなら、それで、構わないから、話した瞬間に、
底が透けて見えるレベルでは、語らないで欲しい。

「もうちょっと、頑張って見栄を張ろうよ。」と

人間として興味深くない。興味が持てない。

どうやら、僕は、底が見えない人や
自分の知らないテーマを深いレベルで、提供してくれる人に、興味があるらしい。

ただ、底が見えないのには、2種類あって、
・底は、浅いけど、濁っていて、底が見えない場合と

・澄んでいて、それでも深くて底が見えない場合。

この区別が分かっていれば、少し話せばだいたい
この人が、自分の経験で語っているのか、借り物の言葉なのかが、
感覚で、分かってきます。

気が付かないのは、話をしている本人だけ

結局、友人関係については、
「この人と一緒に居ると居心地良い」という関係は、求めていない。
ということに、今更ながらに、気がついた。

だから、パーティーとか飲み会に、行ってもまったく楽しくないし、
いつも、端っこで、浮き上がっている。

僕の感覚では、
男同士で、一緒にいて、居心地が良いというのは、何かキモい。いや、とてもキモいと思うし、

男と女で、一緒にいて、居心地が良いと、恋愛になってしまうから、
奥さんだけで充分だろう。

その場に留まるために、自分から、必死で何かのテーマを提供しないといけない。

その時は、無理でも次に、会った時。
それでも、無理ならその次と。

そのためには、経験を積んで、知識を付けて、体を鍛えて
ステージを何とかして、上げていく努力をする。
そうしないと、相手にとって、僕の方が、つまらない人間、無価値な人間になってしまう。

悩んだ形跡がない人間は、つまらないし、魅力的ではない。

僕の中では、悩んだ形跡がない人間は、3つに分類されている。
・悩みがでたら、目をつぶってごまかす人間。嘘つきや事なかれ主義。
・悩みがでたら、他人にすべてを押しつける。他人に依存して、他人から奪う側の人間。
・自分のできる範囲でしか、生活をしないから、悩みがない。

いずれの人たちも、10年経っても、何の進歩も見られないだろう。
社会に対して何かの価値を提供できるのだろうか?

時代や社会環境やインフラが変化し続ける中で、社会に対して、価値を提供し続けることができるのだろうか?

僕は、
こういった人間は、無責任だと思っています。

なぜかというと
例えば、僕には、奥さんと子供の家族がいます。
会社も有って、お客さんもいて、スタッフもいます。

自分自身が、社会の中で、価値を失ってしまって、
こういった自分と関わっている人たちに対して、責任を果たせるのだろうかと。

もちろん、みんな一人ひとりが、自立した人間で、僕一人の責任ではないけど、

自分の責任だと思う範囲を少しずつ広げる。
そして、実際に責任を取れる範囲を少しずつだけど広げていく。
はっきりいって、この作業は、とても苦しいし、
年単位で、時間が掛かるし、精神の作業だから、成果が物理的に目に見えることもない。

では、どうして、苦しい作業を続けているのか。

僕の場合は、奥さんやスタッフとか、環境とか、頑張って続けても、周りから求められ
責任に、応えるために、
「でも、まあ仕方がないか。」と思って、諦めて続けています。

結局は、これが「悩む」ということであり、
この繰り返しが、「経験」になり「悩んだ形跡」になって、
その人から、にじみ出てくるもの。

そして、僕も、悩まなくなったら、
上のステージの人からは、
つまらない人間の一人になってしまう。

結局は、悩みながら、心が折れないように
たまに休みを入れながら、
諦めて、生涯、やり続けるしかないのだろう。


SNSでもご購読できます。