ビジネスの作り方

現在、お金の錬金術について研究中。

錬金術とは、

よく知られた錬金術の例としては、物質をより完全な存在に変える賢者の石を創る技術がある。

一般的には鉛から金への物質変成など「利殖」が目的とされるイメージが強い錬金術ではあるが、

本来は「万物融解液」により、物質から「性質」(例えれば金を金たらしめている性質)を具現化させている「精」(エリクシール)を物質から解放し、「精」そのものの性質を得ることがその根元的な目的であり、生命の根元たる「生命のエリクシール」を得ること、つまりは不老不死の達成こそが錬金術の究極の目的であった。

これを、個人と会社の信用と社会の仕組みを使って、

概念の操作のみで、お金を生み出すことができるかを

試しています。

言い換えると、

個人と会社の信用を開放して、社会の信用に変換する。

次に、社会の信用をお金に変換する。

最後に、変換したお金を概念の操作だけで、社会的な価値に変換できるかを実験しています。

今回、この操作が実現すると今後、価値を無限に生み出せるようになり、

信用が大きくなれば、より大きな価値を生み出せるようになれる。

富豪の投資戦略

今日、子どもと一緒に道を歩きながら、大富豪について考えていた。

大富豪は、必ず不動産を持つことで、資産の増大を加速させている。
なぜか、
その理由を考えていたら、

不意に
「不動産を担保にして、お金を借りることができる。」
ということに気がついた。

どういうことかというと
通常、不動産というのは、価格があり、
不動産の売却価値の通常60%から80%までは、
担保価値を持つ。

ということは、抵当権をつけることによって、
銀行から、融資を引き出すことができる。

これを前提に、不動産価格が上昇している地域に不動産を持てば
どうなるだろう。

例えば、3年で2倍とかの地域である。
当初の購入金額が1千万円の物件で、あれば、2千万円の売却価値になる。
そうすると、担保価値は、8割、1600万円

当初の銀行借入金が、800万円だとすると、
800万円の追加融資を受けることができる。

何もしないで、3年で、不動産価格の上昇により、信用力が上がったのである。

そして、ここでのポイントは、
売却価値が上がることであり、実際に売りに出した時に
誰も、買い手がいなくても良いということ。

値段さえ付けば、概念上の数字で、構わないということ。

世界を探すと10年前後で、10倍以上の値上がりをする地域がある。

そういった地域に、不動産を持つことで、
当初の購入金額の頭金で、頭金の10倍以上の信用力がつき、
銀行担保とすることで、10倍以上の資金を銀行から
好きなときに、自由に資金を引き出すことができるようになる。

そのために、不動産を持つのである。

そして、繰り返しになるが、実際に売却できる必要はない。
担保として銀行の評価が付けばいいだけなのだ。

この段階で、投資できる金額は、当初の10倍以上に膨れ上がっている。

次の投資には、10倍以上のレバレッジが掛かるということである。

このレバレッジを利用して、
不動産に限らず、貸出金利より、有利な利率の投資案件を見つけたら、
不動産を担保にして、資金を引き出し、投資して、利ざやを得る。

さらに、同様の大きな値上がりの期待できる不動産を更に、購入して、担保を増やす。

この繰り返しである。

10年から15年程度掛かるが
その間、3回転もさせれば、1千万円程度のお金が
10億円程度の資産にまで、膨れ上がる。

当然、元手資金が多ければ、もっと短期間で、結果を得ることも可能だろう。

ビジネスの作り方 1

人 もの 金 情報 のいずれか一つを徹底的に集めるとビジネスになる

ビジネスの作り方については、色々とあると思うけど
私は、この方法を使っています。

「人 もの 金 情報 のいずれかを一つを徹底的に集める」 × 市場規模 × メッセージ × 提供方法

具体例を出してみよう。
人を徹底的に集めたビジネスは
 テンプスタッフ リクルートエージェントなどの人材紹介や人材派遣を取り扱うビジネスである。
 または、病院や、弁護士、美容師など、特定のサービスを提供する人を集めるビジネスもこれに当たる。
 グリー、モバゲー Facebook、など

別に、大きな会社である必要はない。
もっと絞り込んで、「美容師」の人材紹介や、「薬剤師」の人材紹介、「経理部長」の人材紹介など
テーマを絞れば、アイデアだけで、いくらでも考えられる。
オーネットなどの「結婚したい男女」なんかもこれにあたる。

テーマを絞るときのポイントは、ある程度、欲しい人が存在することが重要だ。

欲しい人が居ないテーマでは、そもそもお金を払ってくれる人が居ないから
ビジネスとしては、成立しない。

若しくは、小さなビジネスにしかならない。
とは、言っても年商3000万円程度には、なると思う。

ものを徹底的に集めたビジネスとは、たくさん有りすぎるが

ヤマダ電機、伊勢丹、セブン-イレブン、アマゾン
ソニー、パナソニック、トヨタ など製造業もこれに当たる。

テーマを絞ったものを挙げていくと
コスプレ衣装の専門店、オタク専門の書店、はちみつの専門店
フェラーリやハーレーダビットソンなど

いずれの場合も、徹底的に集めることが、重要。
はちみつで例を挙げると、「世界中のはちみつが揃っています。」

この位の徹底が必要である。

ただ、これだと、範囲が広すぎて、集めることができないので
もっと絞り込んで、「みかんの花から採取したはちみつ」ならすべて揃います。
などである。

この徹底度合が、ユニークとなり、お客さんから見た違いになる。

こうすることによって、こだわりのある客のみが集まり、
こだわりのある客は、他の店では、買うことができないし、
興味のない客は、去っていく。

金については、
銀行や、アコムなどの貸金業がこれにあたる。
投資会社や、証券会社なども該当するだろう。

お金を大量に集めて、事業に投資したり、不動産に投資したり、人に貸したりて、利ざやで稼ぐ。
ただそれだけのビジネスだが、とてつもなく儲かるビジネスである。
何がすごいかといえば、回収リスクの査定さえ間違えなければ
社会に対して、何の価値を提供しなくてもお金が、増えていく。
まさに、錬金術である。

情報については、
帝国データバンク、占いのサイト、講談社、集英社、トレンドマイクロ社などの
コンテンツを売っている会社である。

vector や shuterstockなども、これに該当しそうな気がする。

大きな会社ばかりでてしまったが、テーマを絞って徹底的に集めれば
インターネットが発達した今の社会環境であれば、年商3000万円程度は
いけるだろう。