今日のお仕事、今日の出来事

脳の記憶と筋肉の記憶

今日は、決算をお願いしている会計事務所へ行ってきました。

決算の打ち合わせというよりは、
自分で、帳簿の確認と決算整理仕訳を入れ込んできました。

そこで、使っているシステムは、JDLという会計システムで、
僕が初めて働いた会計事務所と同じシステムを使っています。

十年近く馴染んだシステムで、
このシステムをつかって、
累計100万仕訳
法人決算 1000年分
個人の確定申告 500年分
給与計算 1万人

毎日、腕がパンパンになるまで、
キーボードを叩いていた苦い思い出のシステム。

今回は、13年ぶりに触った感じです。
10年以上も使っていなかったから、

操作方法を忘れているかと思ったけど、
まったくそんなことはなく当たり前のように
当時のレベルで、操作をしていました。

この時、思い出したのが、

人間には、「脳の記憶」の他に、

「筋肉の記憶」というものがあるそうです。

「脳の記憶」というのは、文字通り、脳の記憶領域に、記録される
短期記憶と長期記憶の情報です。

「筋肉の記憶」というのは、
体に染み付いた癖や習慣。反復動作によって小脳によって、
記憶された条件反射的なものを指しているそうです。

通常、人間は、
外部刺激 → 脳で状況判断 → 脳から命令 → 筋肉が動く

のですが、
この「筋肉の記憶」 が、すごいのは、「脳で判断することがない」ため
通常よりも数倍早く筋肉が状況判断をして自然に肉体が動くということです。

身近な例で、比較的大部分の人が体験しているもので、
パソコンのキーボード操作や、携帯のフリック入力が
これに該当すると思います。

パソコンや携帯に慣れてくると、操作方法や、キーボードの配置などを考えないで
何も考えないでも文字入力ができていると思います。

脳の記憶から、筋肉の記憶へ移行させて、筋肉の記憶で動ける領域を少しずつ
拡大することが、人間としての一つの進化の形態なのかなと思っています。

そして、
脳の記憶から、筋肉の記憶への移行には、膨大な量の反復が唯一の方法です。

相続税ゼロで、事業承継をする方法を考えてみました。

相続税ゼロで、事業承継をする方法を考えてみました。

いくつか方法があるけど、思いついた方法で、大きく分けると2つで

 会社が黒字化する前に、予め対応しておく方法。

 黒字前に、対応していない事後対応の方法。

会社が黒字化する前に、予め対応しておく方法。

手順としては、下記のとおりです。

  • 子供持ち分100%の、資産管理会社を設立する。代表は、自分で就任する。
  • 子供名義の資産管理会社で、黒字会社の株式を100%保有する。

黒字前であれば、簿価で株式を売買できるので、

無税で、父株式を子供会社へ無税で、売買できます。

そうすると、黒字会社の株主は、子供会社

子供会社の株主は、子供になります。

経営の支配について、

子供が未成年の場合には、親権者が、株式の議決権を保有できます。

成人後も、株式の権利を保有していることについて、黙っていれば分からないでしょう。

そもそも、成人まで、20年間の期間があるので、

それまで、存続している会社も稀なので、気にする問題ではないと思います。

リスクとしては、

l  子供が父より先に、死亡した場合。

l  奥さんと離婚した場合。

には、経営上のリスクが存在します。

また、子供名義の資産管理会社の設立についても、最初は、自分の名義で会社を設立して、

後日、資産管理会社の株式を簿価で、子供へ売買又は、贈与しても、無税で、株式を移動することができます。

黒字前に、対応していない事後対応の方法。

父の会社が、大きく黒字で含み益が多額の場合。

これは、ちょっと面倒で、準備後に、スキームの完了までに10年程度の時間が掛かります。

手順としては、下記のとおりです。

  • 子供持ち分100%の、資産管理会社を設立する。代表は、自分で就任する。
  • 子供名義の資産管理会社と、黒字会社の株式を100%株式交換する。
  • 株式交換後、黒字会社の含み益をすべて、資産管理会社へ配当する。
  • 黒字会社の株式を子供へ売却する。
  • 父保有の資産管理会社の株式を子供へ売却する。

子供名義の資産管理会社と黒字会社の株式を100%株式交換するとは、

黒字会社の株式が、資産管理会社の資本金になります。

税制適格で、あれば無税で株式の移動が可能です。

その結果、父は、資産管理会社の株主となります。

その後、黒字会社の含み益をすべて、資産管理会社へ配当します。

配当金は、資産管理会社の収益となりますが、

税務上は受取配当等の益金不算入の規定によって、税金は、一切かかりません。

その結果、黒字会社の株式の価値は、簿価まで下がるので、

この段階で、資産管理会社保有の黒字会社の株式を子供に、簿価で、売買又は贈与します。

売買することにより、黒字会社の配当と同額の株式の売却損がでるので、資産管理会社の株式の評価額が、下がります。

この結果、父が保有する資産管理会社の株式の評価額が簿価まで、下がるので

父保有の株式を子供に、簿価で売買又は贈与をおこないます。

以上で、スキームの完了です。

おそらく、売上10億程度までの会社なら、このスキームで、

ほぼ、無税で移動できるでしょう。

それ以上の会社でも、大幅に税額を減らせでしょう。

ただ、今後、税制適格要件が変わるなどで、インフラの法律が変わる場合

スキーム自体が法律により規制され場合で、スキーム自体が使えなくなる可能性はあります。

そもそも、子供に財産を残す必要があるのかも、個人的には疑問です。

それよりも、会社の社会的な責任を果たすために、会社を残すといった趣旨で使うべきスキームなのでしょう。

 

今日のお仕事 2013年8月2日

昨日、今日まで、月初なので、7月の締めの作業をしていました。

また、7月中旬から、来年度以降に向けての
ビジネス関係の数字の確認と書類の作成、資料の確認作業。

7案件ほど、僕にとっての大型案件の
検討と実行のための書類作っていました。

比較的、金額が大きくて、長期的かつ、
数字面で、会社全体のロジックが動いく内容のため、
確認作業に手間取りました。

現在、確認をしたけど、予算の関係と
先が読めずに、意思決定できていない案件が2件

検討は、終わったけど、先方の事情で、まだ、動かない案件が2件あります。

今回の案件は、ここ5年分程度に起こった大きな意思決定事項を
まとめて、処理した感じでした。

やっていて、気がついたのは、
5年前なら、決められなかったことや、
その当時、実行できなかったことが、実行できるようになっていたこと。

一度に、これだけの出来事が重なるということは、
物事がスムーズに流れ始めているということ。

そして、判断能力と実行力が、大幅に上がっていることに気が付きました。

今まで、特別なことは、一切やっていません。

やっていたことは、日々の仕事に対して、誤魔化さずに、正面から、
一つ一つ丁寧に、取り組んでいただけ。
分からないことが、有れば本を数冊読んで、調べてやってみる。
逃げ出したいことも、逃げずにやり切る。
他の人が嫌がって、やらないことも、投げ出さない。

どこの会社でも、日常的にある基本的な業務をずっとやっていただけでした。

でも、判断力、決断力、胆力、処理能力が、5年前の3倍程度には、
なっています。

地味な作業をやり続けることで、圧倒的なケース・スタディを持ち
反復作業によって、忍耐力と明確なイメージが身に付き
地道な作業の中で、出てくる無数の小さな判断と決断の繰り返しが、
より大きな決断をするための力に繋がっているのでしょう。

今、仕込んでいる案件は、例えば、テキサスの不動産や
太陽光発電の案件で、ビジネススキーム全体の話で、
税務などでも、会社の数字に関わり、
最低3年先から10年先まで影響する案件。

今回の決断が、どんな風に、自分の生き方に影響して、
変わっていくのか楽しみです。

また、今後どんな出来事があるのかも、楽しみです。

というわけで、大型案件と英語の勉強もあって、
ここ2週間ほど、ブログの更新をサボっていました。

でも、良くないです。
書く力と考える力が、一瞬で衰えているのを今、書いていて感じます。

この書くという習慣は、
毎日、一生続ける価値のある習慣だと改めて感じました。

今日の作業と出来事 2013.7.13

今日は、アブラハムプライベートバンクで、開催された
ヘッジファンドの勉強会に出席しました。

講師は、アブラハムの柿本さん
とても、若い方で、28歳くらいでしょうか。
話をしていて、とても良く勉強をされていたのと、結構な経験を積まれている印象を受けました。

今日、受けた説明では、不十分だったので、
ヘッジファンドについて、wikipediaで調べてみると

ーーーーーーーーー
ヘッジファンド(英語: hedge fund)は、代替投資の一つ。通常は私募によって機関投資家や富裕層などから私的に大規模な資金を集め、金融派生商品などを活用した様々な手法で運用するファンドのこと。

公募によって一般から広く小口の資金を集めて大規模なファンドを形成することを目指す通常の投資信託とは、私募である点が異なる。購入方法には、機関投資家が証券会社を経由してストラクチャーを組んで投資する方法と、個人投資家が投資助言会社を経由して直接運用会社の提供する商品に投資する方法とがある。

世界のヘッジファンドは大部分がオフショア籍であり、金融庁に無登録なので、日本国内では原則的に販売できない。日本国内から購入する場合には、銀行証券系では「シティバンク銀行」「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」を通じて、投資助言会社では「アブラハム・プライベートバンク」を通じて購入できる[1]。 通常の投資信託がベンチマーク対比でのリターン(相対リターン)を目指すのに対して、ヘッジファンドは実際に資金がどれだけ増えたか(絶対リターン)を目指す。

一般の投資信託は空売りができないので、下げ相場では買持ちしている資産の価値が低下し、運用利回りがマイナスとなる場合が多い。空売りを積極的に利用できるヘッジファンドの場合は、上げ相場でも下げ相場でも利益を上げる機会があり、実際に下げ相場を得意とするヘッジファンドもある。

ーーーーーーーーー

特徴としては、

・システムは、投信信託に分類される。

・証券投資市場では、売り買いできない。

・投資信託は、資金を公募によって、集めるが、ヘッジファンドは私募で集める。

・投資信託は、空売りできないので、上げ相場でしか利益を出せないが、ヘッジファンドは、空売りできるので、下げ相場でも利益を上げることができる。

・運用益は、株式投資の半分程度で、5%、6%が安全圏で、債券の2倍程度の利益率

・投資リスクは、株式投資の1/2程度。債券の1.5倍程度

・投資期間は、5年以上が望ましい。

・USドルでの投資になるため、為替差損益が発生する。

・解約して、現金化するまでに、最長6ヶ月程度掛かる案件がある。

・投資金額は、アブラハムでは、最低500万円から投資可能

・課税は、個人の場合、実現時に、国税、地方税合わせて、20%の源泉分離課税。法人の場合は、実効税率40%前後で、課税される。

・受け入れ資金の上限が無い。100億でも、200億でも運用してくれる。

使い方としては、

「1,2年以内の短期マネーでの運用には、向かない。」
急に、資金が必要になった場合、運用で、損が出ている場合や、為替差損などのリスクがでてくるので、
全体で、損をする可能性が大きい。

「10年以上の長期マネーでの運用の場合、リターンが少なすぎる。」
10年以上の場合、年率15%前後で、安全に運用可能なファンドが複数有るので、そちらを選択した方が良い。

「5年から10年以内の中期マネーが運用の対象になる」
話を聞いた限りだと、中期マネーの安全運用に、もっとも適しているようでした。
5年の定期預金みたいな使い方になるのでしょう。

とりあえず、選択肢の一つとして、持っておきます。

今日の作業と出来事 2013.7.12

今日は、油田投資の目論見書、契約書の内容確認としていました。

油田の投資とは、OIL のこと。
先物では無く、採掘と売買に対しての投資です。

運用効率は、大体20年で、500%程度。
100万円が500万円になる計算です。

資金は、油田の採掘権と設備に投資されるため、元本保証もなく、中途解約もできません。

本来、最低、1億円以上の多額の資金が必要で、通常は、超富裕層のみの投資案件で、
一般人が投資できるはずが無いのですが、
今回は、特殊な案件で、100万円から、投資できるということなので

どんな仕組みなのかも含めて、好奇心と経験から、申し込みをしてみました。

本日、届いた契約書の内容を確認すると、

なぜ、少額で、石油に投資できるかというと

投資の出資者を個人では無く、
LLP(有限責任事業組合)という法人格を持った、特定目的に対して活動する事業主体を作り、
そこへの投資として、行っていました。

簡単に言うと、1億円の必要資金を100万円で100人にお願いして集めて、
代表者を決めて、その代表者が単独で、油田に投資するということ。
マンションの土地部分の共有持ち分みたいな感じになります。

LLPは、パススルー課税といって、LLPでは、課税されずに
益と費用を、各個人の持ち分に応じて、配分して各個人で、所得税、法人税を申告する仕組み。

税理士時代から、LLPやLLCの制度や特徴を読んでも、株式会社との違いが良く分からずに、
使い所が、いまいち良く分からなかったのですが

今回の案件に関わることで、やっと、使い方が分かり、腑に落ちました。

LLサイズから、学ぶ採用の教訓

今日、有楽町から、大塚へ向かう電車の中での出来事。

東京駅で、LサイズとLLサイズの二人組の女子が乗ってきた。

僕が座りながら、英文法の勉強をしていると
LLサイズの一人が、僕の横に座り、もう一人は、立っていた。

サイズが大きすぎて、座れずに、僕は、席を半分ほど移動した。

席を立とうかとも思ったが、荷物く、人も多かったので
そのまま、横に座り続け、読書をしながら、聞こえてくる音を拾っていると
こんな会話が耳に入ってきた。

LL 「今日の注意、最悪。あいつ何を言ってるか、分からなくて、もう会社辞めようと思った。」
L 「柴崎、最悪だよね。会社辞めちゃえば。」

LL 「面接、保留にしてあるんだけど、返事するわ。
   まじ、最悪で、怒られた瞬間に、会社辞めようかと思ったわ。
   なんか、私、あいつから目の敵に、されてるよ。
   とりあえず、無断欠勤してあいつを困らせてやるわ。
   L も一緒に会社を辞めようよ。」

と言いながら、LLサイズの方が、鞄から、iphone5 を取り出し、起動。

Line をゴニョゴヨ 弄っているが視野に入ったので、焦点を合わせると

iPhoneのトップ画面に、100近くのアプリが登録してある。

「お-」 と思いながら、座っていると、
さらに、鞄から、カバー月の ipadmini が登場。

「ドラえもんの四次元ポケット?」

と思いながら、
会話や持ち物から、人物が、気になって、焦点を合わせてみた。

持ち物は、キャメルとオレンジの間のとても大きな鞄、
革ではなく、プリントっぽい感じで、ヴィトンのようなスカーフが巻いてあった。
鞄はパンパンで、LL サイズ

爪には、ばっちりネイルが、施してあり、顔は、厚めの化粧と
目が飛び出るくらいマスカラが付いていた。

髪型は、型くらいまでのストレート。

全体的に、身だしなみには、気を遣っていた。

ここで、僕は、違和感を感じた。

何に、違和感を感じたかというと
身だしなみ、持ち物の外見部分は、それなりだが
言葉使いが汚い、座り方と姿勢が汚い、顔が緩んでいる
話しているときの態度が汚い。

また、話している内容は、批判的な内容ばかり、
また、Lサイズの方は、服装、髪型からして、だらしなく、清潔感がなかった。
当然、話し言葉や、立ち姿も汚い。

それらの外部要因的な特徴から、内部の特徴を覗いてみた。

持ち物から、なんでも、溜め込む。 栄養、ストレス、モノ、自己顕示欲が強い。

服装と言葉の違和感から、外見だけを取り繕い、内面を磨こうとしない。あるは、誤魔化している。
結果、他人の意見には、耳を貸さない。一切、反省しない。激しく自己正当化する。

外見から判断して、外部の人間に対しての外面は、とても良く見せているが、実際は、だらしない。
それを取り繕うということは、嘘つきである。
そして、実際、話している内容からも、嘘つきで、
見えないときには、溜め込んだストレスを言葉、或いは、他人に害を与える形で、直接的にはき出している。
外部と本質のギャップがとても大きいから、それが、さらにストレスを生み出している。

とりあえず、僕は、この人、採用しない。

ただ、こういった人は、言葉が、上手で、人の心の隙や弱みにつけ込むことに、長けていること人が多い。
採用に、慣れていなかったり、自信がないと、感じた直感が、言葉によって、打ち消されてしまう。

自分の直感に、絶対の自信を持って望んで欲しい。
基本、LLサイズとLサイズの方は、ストレスを溜めやすく、だらしない傾向にあるので、
採用しない方が無難である。

今日の出来事 2013/6/29

事務所のパソコンのメンテナンスをおこなった。

最近だとトヨタのHPが改ざんされて、WEBから感染するウィルスを仕込まれていたそうだ。

このウィルスは、HPにアクセスするとIEの脆弱性を突いて、感染し、その後、継続してパスワードなどを抜かれ続ける類いの物らしい。

ウィルスソフトは、Microsoft Security Essentials を入れていたが、今回、テスト的に

AVGインターネットセキュリティーを数台に、導入してみた。

個人的な趣味だが、動作が軽く評判が良いので、これに決めてみた。

正直、実際に良いのかは、よく分からない。

ファイアーウォールとフィッシング詐欺対策も付いた総合的なソフトで、社内外のネットワークへの許可されていない不正なアクセスをシャットダウンし、監視できるようになった。

ただ、、社内ネットワークにあるMYSQL との設定など、いまいちよく分からないため、
今回は、テスト的に2台に、導入してみた。

うまく動いたら、全部のPCに、導入しようと思っている。

ただ、ファイアーウォールを入れると、ネットワーク全体のトラフィックが遅くなるから、
データーベースへのアクセスも遅くなる。

アクセスが遅く
全体の作業効率が落ちるから、悩ましいところ。

今日の出来事 2013.6.24

午前中は、英語の勉強
途中で飽きてきたので、スカイプチャイナへ来ていた
スカイプの使い方関連のメール処理

午後は、動画閲覧サイトを4つ完成させて、それらの
SEO対策の準備

7時から、古い友人で、税理士の今村さんと打ち合わせ。

ネット関連のサービスをやっていて
前から、思っていたのだが、
やはり質問をする方の心構えがとても重要。

こちらが、いくら誠意を尽くして説明をしても、

理解力が無ければ伝わらない。
理解しても、実行する力が無ければ、効果が無い。
どちらの力を持っていても、聞く姿勢が無ければ、効果が無い。

仕事でも、なんでもそうだが、僕自身も含めて
人から教わるときには、常に

 1.聞く姿勢。話を受け入れるだけの素直さ
 2.理解する力
 3.実行する気持ちと、実行する力

これを持つ、必要があると思う。
そして、大部分の人は、どれかが欠けている。

何かの質問をするときは、事前に、よく考えて、
伝わるように、質問して欲しい。

そして、その前に、聞いた回答を受け入れる準備と
実行する準備ができてから、質問をして欲しい。