伝えたいと思ったこと

なぜ、人は信じるのか。

自分が話したことをなぜ、
信じてもらえたり、
信じてもらえなかったりするのだろう。

他の人が言うことを聞いた時になぜ、
信じたり、
信じなかったりするのだろう。

とその理由を考えてみた。

自分の中で、考えを掘り下げた時に、

相手が信じるかどうかについては、
「何を言うか」
よりも、まず、
「誰が言うか。」を大切にしていた。

「誰が言うか。」というのは、その人の信頼度合い という意味は、
その人が「語るべき資格がある人」かどうかも含まれていた。

まず、「信頼している。語るべき資格がある人」の話であり、
次に「何を言うか。」という内容と信頼性であった。

「誰の信頼性」と「何を言うか。の信頼性」の乖離の度合いによって、
信じるかどうかが、決まっていました。

そして、人は、信じなければ、行動しません。

とすると、人に何かを伝えて、行動して欲しい時には、

まず、相手にとっての自分の信頼残高を増やすことに集中する必要がある。

信頼残高を増やすには、どうすれば良いのかと考えると
 誠実に生きる。
 誠実に相手と向き合う。
 誠実に物事に取り組む。

というのが、一つの方法だろうと思います。

聞くこと、話すことの難しさ

先日、話を聞くのが下手な人にアドバイスをしていた時に、偶然、自分で、どういう心構えで、人の話を聞いているのかが分かったので、お話します。

まず、前提として、
「どんなに頭の良い人でも、他の人の話を100%正確に聞くことはできません。」

それは、何故かというと、言葉は、現実の一部を言語という記号を使って、切り取ったものだからです。

どういうことかというと、
「りんごは赤い」という事実を例にとってみると

相手に、「りんごは赤い」と伝えたときに、

僕の考えている「赤」と、伝えた相手が考える「赤」は、赤の濃度や明るさで、絶対に同じになりません。

また、りんごの「大きさ」「品種」などその他、いろんな条件で、
伝えた相手が、僕と同じものを頭に思い描くことはできません。

一つの言葉だけでも、これだけの違いがでてきます。
そうすると、会話や文章など、コミュニケーションの中で、生じる差というのが
どれだけの距離があるのか。

僕は、相手に伝わっている、相手のことを理解しているというのは、「幻想」だと思っています。

そうすると
・人の話を聞く。
・相手に伝える。

方法ということを考えた時に、常に、次の心構えを持つ必要があります。

・自分は、相手の話を聞けていない、理解できていない。
・自分の話は、相手に伝わっていない。

自分自身は、常にこの疑念を持って、人の話を聞いて、相手に語っています。
だから、必ず、コミュニケーションの中で、疑問がでて、質問がでてきます。

そして、もう一つ大切なことが、
・自分は、一度で、相手の話を理解できるという確信。

この両輪に位置するものをできるだけ、高い次元でバランスさせる。

そして、その次元を上げていってやっと

物事を1ミリだけ、
「あるがままに見る。」
「あるがままに伝える。」

ことができるようになれるかも、と思っています。

羽生善治著「決断力」からの学び

「六局目、私は、これが最終戦だと思った。これを落として三勝同士で七局目を迎えたら、名人戦という舞台に飲み込まれてしまうだろう。」
羽生善治

将棋の羽生善治さんの「決断力」に書かれていた初の名人戦タイトルに望んだ時の心境です。
名人戦は、7局を戦い4つの黒星で、勝敗を競います。

このとき、羽生は、挑戦者でした。
普通は、三勝同士でも、最後を勝てれば良い。
最後が、勝負だと考えてしまいます。

しかし、羽生は、違いました。
六局目を最後の勝負と考えて、全力で勝負に出て、見事、名人の称号を獲得しました。

世間一般では、勝負事は、最後で、決まると考えられている。
確かに、これは、正しい。

ただ、どこが、最後かということ。
勝負事の最後は、必ずしも、その勝負の時間が終了する時ではないと思います。

野球やサッカーとか、仕事とか、勝負に限らず、人生とかも
流れが、大きく変わる転換点が必ずいくつか存在します。

その転換点を敏感に感じ取って、全力で、取り組むことが、必須だと思います。

でも、経験が浅いうちは、何が転換点になるのかは、分かりません。

では、どうやって、転換点を捉えるか。

これに関しては、僕は、
「全てに対して、全力で取り組むこと。」

凡人には、これしか無いと思っています。
「全てに対して、全力で取り組む。」
これを続けると、たくさんの経験と学びを得ます。

その中で、うまくいったこと、いかなかったことが、沢山経験と積み上がってきて
はじめて、「転換点や大切なポイント」を少しずつ感じられるようになってくると思います。

そうなったときに、少しずつ、生き方に強弱を付けていくことができると思っています。

「金持ち父さん、貧乏父さん」の次の段階とは

「金持ち父さん、貧乏父さん」で語られていた内容に、「キャッシュ・フロークワラン」というのがあります。
 
お金の稼ぎ方の立場とその区分について、説明した図で、4つの区分があります。
 
4つの区分は、
E】:employee  従業員
S】:self-employed  自営業者
B】:business owner ビジネスオーナー
I】:investor  投資家
 
簡単に説明をすると
 
E】は、会社から給料をもらっている人。
 
S】は、医者や弁護士や街のパン屋さんなど、スモールビジネスのオーナーで、自分自身で働くことで、収入を得ている人。
 
B】は、ビジネスを所有することで、そこから収入を得ている人。
 
I】は、投資家で、自分が働くのではなく、お金が働くことで、収入を得る人。
 
 
 
E 】S】は、労働収入と呼ばれ、自分の時間を投資することで、お金を稼いでいます。
BI】は、不労収入と呼ばれ、自分のお金を投資することで、お金を稼いでいます。
 
 
通常、E 】からI 】にいきなり、進むことはできません。
個々の段階で、順番に充分な経験を積んでいくことが理想です。
 
 
何故かというと、
 
【E】から【I】に進むにしたがって、収入は高くなり、自由度は、増しますが、
それに伴い損失を被るリスクも上がっていくため、
より高く、幅広い経験と知識、スキルと判断力や決断力、精神力が必要となってきます。
 
 
そして、今回、I 】の次の段階があることが、分かりました。
 
それは、
 
 
D 】:developer 開発業者
 
 
これは、I】に対して、投資案件を提供する立場の人間です。
この人達は、投資案件を開発して、投資家に対して、投資をすることで、お金を稼いでいます。
投資家を動かし、お金の流れのより、上流をまとめて押さえることで、
 
一度に、最低、数十億単位のお金を動かせる人たちです。
 
 
どの立場でも良いと思いますが、こういった考え方があることは、知っておくと良いと思います。
 
 
 

人生の成功は、すべて 「運」だということ。

写真を見て欲しい。

とても、美しい景色だと思う。

では、この場所は、元々、美しい場所なのか
それとも、たまたま美しい写真が撮れただけなのだろうか?

 

最近より、実感が強くなっていることがあって、

基本的に、人生の成功は、すべて
「運」だということ。

「運」を定義すると、外部環境からの出来事が自分自身に与える良い結果。

「外部環境」とは、自分自身の外にある現実世界のこと。

「出来事」は、現実世界での物理的なこと。

「良い結果」とは、自分の価値観に基いた中心から、プラスに振れている状態。

知っておくことは、

ちなみに、物事には、

「知っている」
「考えながら、できる」
「腑に落ちる」

と三段階が存在する。
ここでは、「腑に落ちる」と言う意味。

「出来事」は、中立であるということ。
「出来事」自体には、何の意味も持たない。
自分の価値に基いて、意味付けをした意味しか持たない。

「出来事」と「良い結果」の間には、関係性は存在しない。

「出来事」→「自分の判断」→「良い結果」
と「出来事」を「自分の価値観に基いて良い結果」と判断すると
「良い結果」になる。

同じ出来事でも
「自分の価値観に基づい悪い結果」と判断すると
「悪い結果」になる。

ということは、
「人間としての器」が大きくなればなるほど、
「出来事」を「良い結果」として判断できる余地が大きくなる。

「器」とは、価値観、習慣、知識、過去の経験、現在のスキル、人間関係、資産状況などのその人の内的、外的に付随するすべてのもの。

「人間の器の大きさ」が運の良さを決める。
「器」が大きくなれば、運が良くなる。

そして、

人間が唯一、平等に持っているものは、

人間は、
「現実世界」と「自分の肉体、精神、時間」がセットで存在している。

「自分の肉体、精神、時間」のみで、この世に存在することはできない。

「現実世界」は、人間にコントールすることは、できない。

  • 地球の動きを止めることはできない。
  • 雨が降るのを止めることはできない。
  • 他の人が何かすることを止めることはできない。

人間がコントロールできるのは、
「自分の肉体、精神、時間」だけ
これらは、自分で、「100%確実」に、コントロールすることができる。

「器を大きくする」には、まず、最初にして、唯一できることは、
コントロールできるこの3つを磨くことのみ。

これ以外に、出来ることはない。

そして、この3つは、生涯を掛けて、磨き続けなければならない。

 

「運」とは、結局は、この写真のように、

自分の「器」を磨き続けた結果、本来、自分が持っているもの。

その瞬間の結果が切りられた「偶然」でしかない。

 

今、僕が「運が良い」のは、
自分の「器」を磨いた偶然でしかなく、

「磨く」ことを止めれば、当然、「運」は下がり続けるだろう。

人間は、三つの世界で生きている

ほとんどの人間は、三つの世界で、生きています。

そして、これらの区別に気がつかず、ただ漠然と1日24時間365日を過ごしています。

3つの世界とは、順番に、
 過去
 現在
 未来

過去とは、記憶や思い出のことであり、自分自身の頭の中にしか存在しません。

未来とは、自分の想像した世界や夢や空想世界のことで、自分自身の頭の中にしか存在しません。

現在とは、今、この瞬間のことです。

そして、人間は、肉体を持って、物質世界に存在しています。

肉体は、今、この一瞬一瞬にしか、世界に影響を与えることができません。

人間は、過去や未来に、存在することも、生きることもできません。

過去とは、人間の脳に刻み込まれた記憶でしかありません。
肉体は、過去に、存在することはできません。

過去をいくら振り返っても、頭の中で、思っているだけであり、過去を変えることはできません。

未来とは、自分が想像した世界や将来の夢や空想のことであり、
肉体は、未来には、存在しないため、未来に影響を与えることは、できません。

「今、この瞬間を全力で、生きる。行動する。」
これだけが、人間が世界に影響を与える方法です。

僕も含めて、大部分の人は、1日の中で、多くの時間を
過去を振り返り、未来を空想することに、費やしています。

おそらくは、今を生きる時間よりも、多くの時間を
過去の記憶や未来への空想の中で、過ごしています。

一日の中で、どれだけの時間を現在に費やすか。

そして、どれだけのエネルギーを現在に、費やすか。

これが、僕が体験した人生を成功に導く、大きな秘密のひとつです。

僕が、
「小細工はしない。頭ではなく、まず、手を動かせ。」と言っているのは、
この、原則から、きています。

経営者には、正しい馬力が必要

経営者とか、起業家と呼ばれている人は、結局やっていることは、

1.目的を持ち、
2.目的に対応する目標を設定して
3.目標に向かって、行動し、物事を動かし続ける。

これだけである。

そして、この物事を動かす行動を起こすのに、必要なものが馬力である。

まず、この行動には、3つの行動があると思う。

1.物事を前に進める影響を与える行動。
2.物事にまったく影響を与えない行動。
3.物事に悪影響を与え、後退させる行動。

行動として、必要なのは、「1」の行動のみで、
「2」は、行動していないのと同じで、口だけの自己満足であり、
「3」は、行動しない。

責任や影響力が大きくなればなるほど、
行動するときや自分の言葉を発した結果が、1.2.3のどの行動になるのかを考えて行動しなければならない。

責任能力や、影響力が多くなればなるほど、ちょっとした言葉ひとつで、周りに大きな影響を与えることが、できるからである。

また、経営者や起業家を目指すのであれば、責任や影響が大きくないときにおいても、結果を考えて行動する必要がある。

更に、馬力について、分析をしていくと、良い行動を取るためには、僕の経験上、次の要素が必要である。

1.実務処理能力
2.物事を理解する力
3.ポイントを見抜く力
4.影響力を与える方法

1.実務処理能力
実務処理能力とは、自分の手を動かす作業のことである。
これには、速度と、正確さが要求される。

僕は、これが、他のすべての要素を身につけるためのすべての基礎だと考えている。

まず、実務処理能力が低いと、経験を積む速度が遅くなる。

経験を積む速度が遅いということは、少ない経験しか積めず、判断する回数が少ないから、物事を理解する力も低くなる。

物事を理解する力が低いということは、物事を正確に捉えることが、難しい。或いは、環境に対して、悪影響を与える行動をする可能性が高くなる。

当然、ポイントを見抜く力もない。

ポイントを見抜けなければ、当然、無駄が大きくなるので、環境に対する影響力も低くなる。

2.物事を理解する力
物事を理解する力とは、ひとつの話や経験から、どの程度の深さまで認識できるかということ。経験から、補足を加えて、情報をより深くできるか、物事の裏側に隠れている事柄に、どれだけ気がつけるかということ。

また、理解力が低ければ、インプットする情報のノイズが多くなり、インプットする情報の精度が悪くなる。

インプットの精度が悪ければ、アウトプットしたときの精度も悪くなる。アウトプットの精度が悪くなれば、結果が悪くなる確率が高くなる。

若しくは、アウトプットの精度にばらつきがあるので、同じ行動をしても、毎回、異なる結果になる確率が高くなるから、結果をコントロールできなくなる。

3.ポイントを見抜く力
ポイントを見抜く力とは、物事には、ポイントがあるいうこと。

1から10までのことをすべて、全力でやる必要はなく、逆にその内の一部分に、2倍、3倍のエネルギーを掛けた方が、良い結果を生む事柄の方が多い。

そういったポイントを見抜く力である。

ただ、注意して欲しいのは、最初から、ポイントとその強弱を知ることはできない。
すべてを全力でやった結果として、どこがポイントか。どの程度の力を入れればいいのかを経験として分かることであり、頭で理解することできない。
格好をつけて、スマートにやっている限りは、経験を積むことができないから、ポイントを見抜く力も地力も身につかない。

4.影響力を与える方法
影響力を与える方法とは、自分自身が環境に与える手段である。

自分自身の実務処理能力を使って、環境に影響を与える。
プログラムやメディアを使って、環境に影響を与える。
判断能力やお金や言葉など使って、環境に影響を与える。
信頼やカリスマ性を使って、環境に影響を与える。
など

どれか、一つが重要では無く、大切なのは、これらの組み合わせである。

最初は、自分自身が仕事をして、環境に影響を与えて、物事を動かす必要がある。

実務を徹底的にこなしていき、責任能力がある一定水準を超えると、自分自身の責任能力のみでも、環境に対して、影響力を持つようになり、物事を動かすことができるようになる。

今回は、僕が、個人的に経験をしてきたことをまとめてみた。

現在、事務所で与えている仕事は、すべてのステージを満たせるようには、デザインしていない。

最初は、すべてのステージを経験できるようにと思って、業務をデザインしていたが、
ステージを上げるという作業には、結構な苦痛が伴い、大部分の人間は、求めていないことがわかったからである。

苦痛が伴えば、大部分の人間は耐えられずに消えていく。

現在は、せめて、基礎部分だけでも徹底的にと考えて、デザインした。
これだけでも、すべてを自分の責任と考えて、責任から逃げずに、徹底的に、考えてやっていけば、実は、結構なところまで、いけるはずである。

そして、何事もそうだが、
すべては、自分で身につけるものであり、誰かが、身につけさせてくれるものではないし、身に付けさせることはできない。

できることは、きっかけと環境と、1%以下の本当に僅かな手助けを与えることができるのみである。

人間は、自分自身しか愛せないし、自分自身が一番大切である。
だから、他人をコントロールも、他人を矯正することもできない。

自分の命と他人の命を天秤に掛けて、他人の命を無条件で優先できる人は、ほとんど居ない。

人間は、自我の塊である。

だからこそ、自分のことを変えられるのは、
自分自身しかいないという強い自覚を持って、行動する必要があると思う。

とても、大変なことだと思う。

リーダーの資質の一つに、責任に対する捉え方あると思う。

リーダーの資質の一つに、責任に対する捉え方あると思う。

責任に対する捉え方とは、どこまでを自分自身の責任だと考えることができるかである。

責任の範囲が、その人の器をはかる一つの目安になる。

「責任と言っても、二つの側面がある。」
一つは、自分が、ここまでが、自分の責任だと考える自分自身の認識の範囲である。
これは、言うなれば、自分の「理想」である。

もう一つが、実際にどの程度の責任を果たす能力があるかである。
これは、「現実」である。

当然、理想と現実が一致すべきであるが、現実は、大部分は、一致していない。

リーダーの資質が無い人間は、
責任に対する理想が大きく現実として対応できる範囲が小さすぎる。
そして、そのことに気がついていない。
自意識過剰で、人の話を聞いていない人が多い。
または、自分自身の現実みるだけの強さが無い。自分自身の弱さを認められない。
こういった人間は、手を動かす時間よりも、口を動かす時間の方が長い。
話にも具体性がない。かっこいいけど、中身が無い。

僕は、「口だけ番長」と呼んでいる。

次は、「責任を取ることが出来ない人である。」
言い訳ばかりをする人がこれにあたる。
言い訳をする人間は、絶対に進歩、成長しないし、できない。

何故なら、自分自身は悪くない。従って、改善する箇所は無い。と自分自身で宣言をしている。
あるいは、無意識のうちに考えているからである。

こういった人間は、環境や経験から学ぶことができないし、他人のアドバイスを聞くことができない。
この場合も、自分自身の現実をみるだけの強さが無い。自分自身の弱さを認められない。
現実を自分の都合のいいフィルター通して見たくない現実は、見ない夢想家である。

リーダーの可能性があるのは、
自分自身は、弱いし、完全では無いけど、しかし、責任を絶対に果たすと決断している人間である。
こういった人間は、迷いながらも、前に少しずつ進むことできる。
また、口よりも、確実に手を動かしている。
言い訳的な発言は、一切しないし、約束できることしか口にしないし、最後まで責任を必ず取る。

こういった人間は、今の自分自身に対して少しずつ背伸びをしているから、少しずつステージが上がっていく。

どんな生き方をするのも本人の自由だから、強制はしないが、
自分自身は、最後まで、責任を取れる人間でありたいし、
最後まで、責任を取れる人間とのみ、付き合いたい。