ハイパーインフレの予感

当座預金残高89.0兆円と過去最高更新へ-日銀がきょうの予想を発表

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MS5RHP6JIJVE01.html

日銀の国債の買い入が、進んで、市場に過去最高の資金が投入されています。

どういうことが、起きるかというと、

通貨>実体経済 の構図を加速させていくから

インフレが進みます。

インフレとは、貨幣価値の下落となるから、円安も進んでいきます。

また、国債は、国が発行している利付の債権になって、

これを日銀が引き受けているということは、

そして、過去最高の当座預金残高を記録しているということは、

国の借金が、過去最高の速度で増えているということになります。

記事を読むと、本日付けで、89兆円 23日付で86兆5100億円

差額 24900億円

一日、8300億円 のペースで、借金が増えている計算になるのでしょう。

途方もない金額です。

過去20年間のデフレによる物価の下落を1,2年ですべて、取り戻そうとしているかのようです。

昨年4月からで、3割程度円安になっているけど、商品価格は、3割も上昇していません。

これは、企業が価格転嫁をせずに、円安分を吸収したり、内容量を減らしたりして

対応しているからです。

ただ、これにも限界があります。

臨界点を超えれば、最終的には、商品価格に転嫁されてきます。

恐らく、インフレは、なだらかには、起こらずに

臨界点を超えた段階で、爆発的に起こる気がします。

ある朝、目を覚ますと、商品やサービスの価格が、一斉に3割、5割上がっている。

「貨幣価値が下落する」ということは、「預金残高の実質的な減少」ということです。

世界では、金余りの状態が続いています。

そして、これから20年、30年は、この状態が続くことが予想されています。

 

インフレに対する防衛策は、

現金では無く、不動産や金などの実質的に価値のあるもので保有する。

 

更に、カントリーリスクをヘッジするために、海外へ資産を分散をする。

これからの日本人が生きていくために、一人ひとりが、考えていかなければならない

重要な課題となるでしょう。

 


体と脳は、繋がっている。運動と勉強の重要性

「人間にとって体を動かすということの本当の重要性は、まだほとんどの人が気づいていない大切なことだと思う。特に頭脳にとって体が重要だということを認識すべきである。頭脳も体の一部であり、体全体が弱まると、頭脳も弱ってしまうのである。大東流合気柔術 佐川幸義先生」

 

当たり前のことだけど、普段は、結構、忘れていることだと思う。

勉強をしていれば、頭が良くなるかというと、良くならないし、運動だけしていても頭は良くならない。

生活を楽しんでいるだけでも、頭は良くならない。

僕達の生み出すすべてのモノは、すべて体を使って、創った結果できているし、

脳は、人間の体の中に存在する体の一部だから、心臓や肝臓、腎臓などの体にとっての重要な臓器が弱くなり、体全体が弱くなれば、脳も弱くなるし、体と脳が弱くなれば、心も弱くなってくる。

よく考えれば、当たり前のことだと気がつくと思う。

体が弱くなれば、休息に必要な時間も増えて、考える時間も少なくなるし、集中力も減ってくる。

 

活動できる時間が少なくなれば、アウトプットの量が少なるから、同じ条件なら、他の人よりも結果が出づらくなる。

逆に、脳が弱くなってくれば、同じことがいえる。

寿命に関して言えば、

例えば、車椅子で生活している人は、健常者より、2割、3割と寿命が短くなる。なぜかと言うと、足が動かないから、ふくらはぎが動かなくなって、血液が循環しなくなる。その結果、足に血液の汚れが溜まって、内蔵に余分な負荷が掛かるから。

また、脳に障害のある人の寿命も、健常者よりも短くなる。

体と脳をバランス良く鍛えること。

運動だけでもダメだし、勉強だけでもダメ。

人間として、成長し、進化するためには、

健康を維持し、体を強くする。脳を強くする。そして、心を強くしていく。

何歳からでも、継続した運動と勉強は、始めるべきだと思うけど、

歳を取るごとに段々と難しくなってくるし、効果も出づらくなってくる。

だから、できる限り、人生の早い段階から、はじめて、生涯の習慣にすべきだと思っている。

 


人生で、一旗上げてみるなら

海外物販を始めるにあたり、色々と調べてみた。
大きく分けると、3つのパターンがあります。

  • 日本の商品を海外で、販売する。
  • 海外の商品を日本で、販売する。
  • 海外の商品を海外で、販売する。

そして、物販の仕組みを作るにあたって、必要な要素を大きく5つに分けてみました。

 

  • 商品リサーチ : 取り扱う商品を決める。
  • 法務の確認 : 取り扱い商品に関する法律の確認。
  • 仕入 : 商品を安定供給するシステムを作る。
  • 流通 : 商品をお客様まで届けるシステムを作る
  • 販売 : 商品を販売するシステムを作る。
  • 決済 : 代金回収のシステムを作る。
  • 顧客対応 : 顧客対応のシステムを作る。

 

この5つの要素に基いて、現状、もっとも簡単に実現できそうなのが、

海外から個人輸入をして、日本国内で売る方法。
恐らく、最初のショップは、1ヶ月以内に立ち上げができそうです。

何故かというと
5つの要素のうち、僕が経験が無いのは、仕入と流通のみで、
他の要素は、過去の経験と現在のシステムを使って、対応できるからです。
また、仕入と流通については、個人輸入程度であれば、
現代社会では、様々なリソースを安く簡単に使うことができるので、
時間が掛からずに、構築可能です。

これは、何故かというと、過去に、形として、残せるレベルで、その時、その時に、一生懸命に取り組んでいた結果です。

もちろん、将来、物販をやろうとか、その時は、、一切思っていません。
現代でのビジネス成功ための秘訣の一つは、

「ネット上に存在する様々なリソースを柔軟に活用する力」だと思います。
これが、できるのとできないのとでは、
コストも時間も10倍以上の差が、でてくるでしょう。

そして、何よりも大切なことは、
「まず、はじめに、自分の手を動かす。自分で、経験を積む。」

これが、重要です。
口だけ動かしても、スキルは身に付きません。
スキルが無ければ、結局は、ネット上のリソースを組み合わせることができないので、
ビジネスを構築することはできません。
この意味が腑に落ちないときは、

まずは、今の仕事を気持ち悪くなるくらいに、取り組み。
気持ち悪くなってもやり続ける。
そうすることで、ある日、突然、次の段階に進むタイミングが訪れます。

 


中国では、シャドーバンキングというのが問題となっている

中国では、シャドーバンキングというのが問題となっている

中国では、融資基準が厳しい一方で

金利が人為的に低く抑えられており、

通常の銀行融資を受けられない人が多い。

そこで、

銀行から融資を受けるのが難しい不動産開発会社、

地方企業や個人などに、

様々迂回する形で融資を行う

形態の総称になります。

シャドーバンキングとは、

「銀行を介さないで、民間で取引される実態が不透明な融資」

のことをいいます。

正規の銀行融資以外の貸し出しがGDP(国内総生産)約840兆円の55%

の融資額があるといわれています。

こういったお金が何に使われているかというと、

主に不動産投資。

不動産開発会社、デベロッパーの多くが

既に借り過ぎの状態にあり、

これ以上の銀行融資を受けられないため、

一般企業、製造業等の会社から

迂回して融資を受けています。

銀行は一般企業に年間5%程度の

融資で貸し付けます。

一般企業はデベロッパー、

不動産開発会社に

年間15%〜20%という、

日本の商工ローンに近い金利で貸し付けます。

中国の不動産は、バブル状態で、

毎年10%以上、上昇を続けています。

「買えば、必ず、値上がりする。」

という幻想。

また、現在、建設中の不動産のほとんどは、

投機目的の商品としての不動産で、

もはや適正価格ではなくなっています。

適正価格とは、その商品を利用して得られる価値が、

購入価格以上であるということ。

不動産は、最終的に、

売るか、貸すかの2つの選択肢しかありません。

貸す場合ポイントは、

購入した価格である投資金額に対して、年間何%のリターンになるのか。

そして、借入金利と元本の返済を引いて、プラスのキャッシュ・フローになるのか。

ですが、中国の不動産の価格は、大連で、日本円で、4千万円前後で

最低金利は5%程度なので、金利の支払いで年間、240万円程度掛かります。

この物件の家賃は、年間60万円程度。

また、大連の平均年収は、日本円で、100万円以下。

売る場合のポイントは、

値段以前に、物件の買い手が、居るのか。

になります。

中国の自宅の所有率は、93%程度となっているため、

自宅としては、売ることは難しい状態です。

基本的に、売ることでしか、利益が出ない不動産であり

中国の土地の価値が、作られたもので、

幻想であると気がついた瞬間に、

不動産に投資している中小企業や個人が破綻し、

お金を貸している大手企業が、破綻をし、

大手企業にお金を貸している銀行の不良債権が、増大する。

その結果、中国経済に、大きな波が襲いかかります。

不動産の価格を考えると、最終局面のような気がします。

しかし、シャドーバンキングの破綻が、

中国の破綻につながるかというと、そうはならないでしょう。

何故かというと、まだまだ、成長の余地がある国だからです。

怖いのは、シャドーバンキングが破綻をして、

経済が大きく落ち込んだ時に、中国国内の不満をどのように

処理するかということです。

恐らくは、今まで、以上に厳しい方法で、

日本に向けるようにすることが、容易に予想できます。

したがって、日中関係は当面の間は、今、以上に

良くない状態が続くと思います。

現在の状況を知って、これから日本では、

そういった混乱の中でも、生き残れる力を今のうちに

付けていく必要があるのでは、ないのでしょうか。

 

そのためには、まず、自分の頭で、考えること。

口を動かさずに、まず、手を動かす。

 

自分の手でまず、やってみることが、大切です。

 


人生に影響を与えた4つの行動

僕個人の近況としては、8月に入ってから、環境の変化がとても激しくなっています。
7月まで、次の展開を考えていたところ、急に道が開けた感じで、
どんどんと、新しい情報と次のステップへの新しい課題が出てきています。

 

どんな変化があったかというと

  •  奥様と子供が中国から帰ってきた。
  •  輸出入の興味のあるスキームが見えたため、本格的に海外物販をやることに決めた。
  •  海外の投資案件の情報が、色々と入ってくるようになった。
  •  会社で、初めて銀行借入をしてみた。
  •  大富豪とは、どんな存在なのか? 何をしているのか。どんな仕組みを持っているのか。その一部分が少し腑に落ちた。

今回、やってみたいなと感じた課題は、
5年から10年程度の時間を掛けて取り組んでいくことになりそうです。
今後の引きこもり型のライフスタイルも変わりそうです。

そして、この取り組みによって、恐らくステージを2つほど上げられそうな予感がしています。

 

具体的に、どんな行動が、今回の結果につながったのか、考えたところ、

  • 安定することに対して、安心感ではなく、停滞感と不安を感じた。
  • 直感で、必要だと思ったので、英語の勉強を初めた。
  • ブログを書き始めることで、物事をより考えるようになった。
  • ブログを書くことで、記憶がアウトプットされるので、頭の中が整理されて、やることや、自分の目的が鮮明になった。
  • また、自分について、知るためのきっかけとなった。
  • ブログを書くことで、物事をより注意深く見るようになった。
  • ブログを書くことで、書くことへの抵抗感が無くなり、メールなども積極的に送るようになった。
  • 直感で、「行きたくないけど、必要かも」と思ったセミナーと集まりに、出席したことで、新しい焦点と人間関係のきっかけが生まれた。
  • セミナーの中で、気が付いた課題をすぐに、実行した。
  • お金が、掛かっても、事前に、気になった情報をストックしておいた。
  • 気になった情報を再検討する時間を設けた。
  • 生活習慣を朝型に、切り替えた。
  • 運気を下げていると、感じた作業や物や事柄を整理した。

これらをシンプルにまとめると

  • 気になったこと。違和感を忘れずに、残しておいたこと。
  • 直感に従ったこと。
  • 文章を書くことで、自分の頭の中をアウトプットしたこと。
  • 具体的な行動。

この4つが、今回の結果につながった気がします。


「金持ち父さん、貧乏父さん」の次の段階とは

「金持ち父さん、貧乏父さん」で語られていた内容に、「キャッシュ・フロークワラン」というのがあります。
 
お金の稼ぎ方の立場とその区分について、説明した図で、4つの区分があります。
 
4つの区分は、
E】:employee  従業員
S】:self-employed  自営業者
B】:business owner ビジネスオーナー
I】:investor  投資家
 
簡単に説明をすると
 
E】は、会社から給料をもらっている人。
 
S】は、医者や弁護士や街のパン屋さんなど、スモールビジネスのオーナーで、自分自身で働くことで、収入を得ている人。
 
B】は、ビジネスを所有することで、そこから収入を得ている人。
 
I】は、投資家で、自分が働くのではなく、お金が働くことで、収入を得る人。
 
 
 
E 】S】は、労働収入と呼ばれ、自分の時間を投資することで、お金を稼いでいます。
BI】は、不労収入と呼ばれ、自分のお金を投資することで、お金を稼いでいます。
 
 
通常、E 】からI 】にいきなり、進むことはできません。
個々の段階で、順番に充分な経験を積んでいくことが理想です。
 
 
何故かというと、
 
【E】から【I】に進むにしたがって、収入は高くなり、自由度は、増しますが、
それに伴い損失を被るリスクも上がっていくため、
より高く、幅広い経験と知識、スキルと判断力や決断力、精神力が必要となってきます。
 
 
そして、今回、I 】の次の段階があることが、分かりました。
 
それは、
 
 
D 】:developer 開発業者
 
 
これは、I】に対して、投資案件を提供する立場の人間です。
この人達は、投資案件を開発して、投資家に対して、投資をすることで、お金を稼いでいます。
投資家を動かし、お金の流れのより、上流をまとめて押さえることで、
 
一度に、最低、数十億単位のお金を動かせる人たちです。
 
 
どの立場でも良いと思いますが、こういった考え方があることは、知っておくと良いと思います。
 
 
 

直接投資をする際に、注意すべきこと

いわゆる海外不動産や、事業投資に証券市場を通さないで、
直接投資をする場合に、最も重要なポイントについて、まとめてみました。

投資する案件が不動産なのか、事業や資源なのか。金額、投資する地域、ビジネススキームなどによって、
たくさんのポイントがある中、最重要なことが

「経営陣の人となりを見る。」ということです。

本当は、「人」が、その案件の最も重要な資産になります。
「案件の信頼性ではなく、案件を運営するトップを信用できるかどうか。」
いうことです。
投資した金額が、目論見書に書いてあるとおりに、運用されているかどうかということです。

 

お金だけ貰って、数年経ったら、会社を計画倒産させて消えてしまう。
外部からの権利の保証を受けられないため、これが、直接投資の最大のリスクになります。

案件の収益性や、その他の事は、すべて後回しになります。
多くの金融詐欺は、まったくのリスクが無く、収益性のみを強調しています。

そして、最初の人には、大きな収益を上げさせることによって、
最初に収益を上げた人が、マーケティング上の広告塔となりの役割を演じて、他者が信用するということです。

もう一つが、派手に肩書きや会社や人物の信頼性を「権威付け」によって強調しています。
冷静に見ていくと、たくさんの不審な点があるのですが、気持ちが舞い上がって、冷静に見ることが難しくなっています。
投資家が肝に銘じる文言として
「過去の運用成績は、将来の成績を保証しない。」

「過去の経歴は、将来の業績を暗示する。」

 

過去に、詐欺をしている人間は、将来も同じように、詐欺をする高い可能性があります。

では、具体的には、どのように調べるのか。
経営陣の人となりを調査するのに有効なのは、その会社の元従業員に話を聞くこと。
なぜその人が会社を辞めることになったのかなどを聞くことで、その会社の実態が分かってくる。

または、現在の社員の対応や人物像なども参考になるだろう。
しかし、最終的には、

「信頼出来る情報源からのみの情報で動く。」
「投資は、最低5年以上、寝かせる資金でやる。」

仮に、その投資が詐欺の場合に、「破綻する金額」なら、
まだ、その案件には、関わるステージでは無いので、
その投資は見送るべきでしょう。


人生の成功は、すべて 「運」だということ。

写真を見て欲しい。

とても、美しい景色だと思う。

では、この場所は、元々、美しい場所なのか
それとも、たまたま美しい写真が撮れただけなのだろうか?

 

最近より、実感が強くなっていることがあって、

基本的に、人生の成功は、すべて
「運」だということ。

「運」を定義すると、外部環境からの出来事が自分自身に与える良い結果。

「外部環境」とは、自分自身の外にある現実世界のこと。

「出来事」は、現実世界での物理的なこと。

「良い結果」とは、自分の価値観に基いた中心から、プラスに振れている状態。

知っておくことは、

ちなみに、物事には、

「知っている」
「考えながら、できる」
「腑に落ちる」

と三段階が存在する。
ここでは、「腑に落ちる」と言う意味。

「出来事」は、中立であるということ。
「出来事」自体には、何の意味も持たない。
自分の価値に基いて、意味付けをした意味しか持たない。

「出来事」と「良い結果」の間には、関係性は存在しない。

「出来事」→「自分の判断」→「良い結果」
と「出来事」を「自分の価値観に基いて良い結果」と判断すると
「良い結果」になる。

同じ出来事でも
「自分の価値観に基づい悪い結果」と判断すると
「悪い結果」になる。

ということは、
「人間としての器」が大きくなればなるほど、
「出来事」を「良い結果」として判断できる余地が大きくなる。

「器」とは、価値観、習慣、知識、過去の経験、現在のスキル、人間関係、資産状況などのその人の内的、外的に付随するすべてのもの。

「人間の器の大きさ」が運の良さを決める。
「器」が大きくなれば、運が良くなる。

そして、

人間が唯一、平等に持っているものは、

人間は、
「現実世界」と「自分の肉体、精神、時間」がセットで存在している。

「自分の肉体、精神、時間」のみで、この世に存在することはできない。

「現実世界」は、人間にコントールすることは、できない。

  • 地球の動きを止めることはできない。
  • 雨が降るのを止めることはできない。
  • 他の人が何かすることを止めることはできない。

人間がコントロールできるのは、
「自分の肉体、精神、時間」だけ
これらは、自分で、「100%確実」に、コントロールすることができる。

「器を大きくする」には、まず、最初にして、唯一できることは、
コントロールできるこの3つを磨くことのみ。

これ以外に、出来ることはない。

そして、この3つは、生涯を掛けて、磨き続けなければならない。

 

「運」とは、結局は、この写真のように、

自分の「器」を磨き続けた結果、本来、自分が持っているもの。

その瞬間の結果が切りられた「偶然」でしかない。

 

今、僕が「運が良い」のは、
自分の「器」を磨いた偶然でしかなく、

「磨く」ことを止めれば、当然、「運」は下がり続けるだろう。